「 DIY 」一覧

TVリモコンのボタンが反応しないので分解清掃した

CT-90320A

東芝 REGZA 40A1に付属されていたリモコン CT-90320A


2010年末に買ったテレビ。そのリモコンの電源ボタンの反応が悪くなってきた。

チャンネル変更や番組表のボタンは問題ないのだけど、電源ボタンだけが押しても反応しないことが多い。電池切れを疑い交換してみたものの症状が改善されず。TV側の受光器の前でリモコンを操作しても駄目。

何度か押してると電源ボタンが反応するのでだましだまし使っていたが、眠たい時にすぐ電源OFFにできないのはストレスがたまる…。



新品のリモコンは売っているのだろうか?と検索してみたところまだ購入できるようだ。型番が変わっているが同等品ということで使用上の問題は無いようだ。

思ったより高くはないが、とりあえず今持っている調子の悪いやつを直してみることにした。
続きを読む

Amazon箱で自作 猫の爪とぎ器を作る

箱入り猫用にAmazon箱を捨てずにとってあるんですが、箱がボロくなって処分するよりも箱が増えるペースの方が速いので押入れが段ボールだらけに。捨てろよ!って話なんですが、猫の爪とぎ段ボールを作ってみた。

うちの猫爪とぎ事情

猫の爪とぎ器も段ボール製だったり、麻製だったり、ポールに麻紐を巻き付けたのだったりいろいろあります。猫によって好みが全く違うようでうちの猫達は段ボール製の物が好み、設置タイプはポールではなくて壁タイプか地面設置タイプがお好みの模様。

良く売ってるのが3つ1000円ぐらいのやつ。マタタビ粉が付いてるのもある。
最近は長方形のものじゃなくて、丸いタイプのも見かける。



爪とぎ器としての構造は段ボールを重ね合わせたものの断面で爪をとぐ。こういうダンボールを積層ダンボールっていうらしい

ということは、段ボールを10㎝強の厚さになるまで木工用ボンドで貼り合わせて、それを適度な厚さ(5㎝ぐらい)に切断すればいいわけだ。アマゾンの段ボールは普通のみかんとかの段ボールと違って薄くて密度が高いので材料としてちょうどいい。

さっそく作ってみよう

続きを読む

メタルラックの棚板用シートを自作してみた

メタルラックの隙間から物が落ちる! キーボードの足を立てられない

棚板シートが無い状態

この隙間だと小銭を置くのは無理。充電ホルダーの脚も底面が細いので落ち込んでしまう


メタルラック(ポール系19mm)を液晶モニタ&キーボード台として利用しているんですが、棚板が基本的に隙間だらけなので小物が隙間から落ちたり、キーボードのチルトスタンドが立てられないのです。

で、こういう場合は棚板用シートを利用することになるんですが、丁度合うサイズの物が売っていない。そもそも10年ほど前に購入した棚板なのでメーカーも不明。地元のホームセンターで買ったものなのでたぶんアイリスのだと思うのだが…。現在は同サイズの棚板は無いようだ?

今使っているのが、横幅59㎝、奥行き29㎝。現状のアイリスのメタルラックミニで近いサイズは60㎝×30㎝のMTO-6030Tが該当する。しかし1㎝もの差を考えると別製品でしょうねぇ。過去には59×29の製品があったのかな?そもそもアイリスオーヤマの物なのかすら外見からは判断しづらい。

Amazon : アイリスオーヤマ メタルミニ棚板 MTO-6030T

アイリスの棚板用シートを見てみるものの、丁度良いサイズがない。そもそも品種が少ない メタルミニ専用シート – アイリスプラザ

続きを読む

スポンサーリンク
レクタングル大 広告