TVリモコンのボタンが反応しないので分解清掃した

シェアする

CT-90320A

東芝 REGZA 40A1に付属されていたリモコン CT-90320A


2010年末に買ったテレビ。そのリモコンの電源ボタンの反応が悪くなってきた。

チャンネル変更や番組表のボタンは問題ないのだけど、電源ボタンだけが押しても反応しないことが多い。電池切れを疑い交換してみたものの症状が改善されず。TV側の受光器の前でリモコンを操作しても駄目。

何度か押してると電源ボタンが反応するのでだましだまし使っていたが、眠たい時にすぐ電源OFFにできないのはストレスがたまる…。



新品のリモコンは売っているのだろうか?と検索してみたところまだ購入できるようだ。型番が変わっているが同等品ということで使用上の問題は無いようだ。

思ったより高くはないが、とりあえず今持っている調子の悪いやつを直してみることにした。

赤外線送信部の様子を見てみる

ご存知の方も多いと思うが、リモコンの赤外線は携帯電話のカメラ越しだと光っているのを確認することができる。

CT-90320A

カメラ越しに見たリモコンの赤外線送信部分

件のリモコンをスマホ片手にチェックしてみると、他のボタンはボタンを押している時だけ赤外線が出ているのだが、問題の電源ボタンはボタンを押したときは正常に発光しているが、ボタンを押すのをやめても発光し続けていた。

リモコンの電池の消耗がやけに早いと思ったら赤外線発光し続けていたのか。

分解・清掃

リモコンの殻割り

電気部品の腐食や損傷はみられない


リモコンはネジでは固定されておらず、左右の長辺サイドに5か所ずつ、上下サイドに2か所ずつ爪がありそれで閉じられている。電池を取り外して、ケース横の分割線にマイナスの精密ドライバを差し込んで開いていく。

基板の電源ボタン部分を見てみるが、これといって腐食や汚れは見当たらない。しかし綿棒にイソプロピルアルコールをつけて(無水エタノールは使い果たしていたので添加剤の少ない水抜き剤で代用した)回路を掃除してみると、綿棒にはしっかりと汚れが!
リモコンにラップやカバー的なものは付けていなかったので、過去に飲み物をこぼした汚れなのだろう。

リモコン基板

右下角が電源ボタン部分

試しにそのままゴムのボタン部分をかぶせ、電池を取り付けて発光具合を確認してみる。
押すのをやめても発光しっぱなしだった電源ボタンは、清掃したことでちゃんと押した時だけ発光するようになった。

電気回路は詳しくないんですが、汚れのせいで自己保持回路のようになっていたのかもしれないですな。

ついでにゴムのボタン部分が簡単に外せるのでこの機会にと洗浄しておいた。円形のボタンは出っ張り部分の太さが違うので再度組み付けるときに方向を間違えないように注意しよう。

リモコン前面部分

円形部分のボタンは小さいので見失わないように

再度組み立ててスマホカメラで発光具合をチェック。電源ボタン含めて異常なし。
いざTVに向けて使ってみると電源ボタン動作良好。ボタン押してすぐ電源ON/OFFできる喜び。

思ったより簡単に直ったのでもっと早くやっておけばよかった。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大 広告