結局猫トイレはシートタイプがいい

シェアする

以前、『猫4匹もいると、固まる猫砂では対応ができない』 なんて記事を書きましたが、
あれから1年。結局トイレシートに落ち着きました。

妹がユニチャーム1週間消臭・抗菌デオトイレを貰ってきたので、それまで使っていた固まる砂タイプの猫トイレと置き換えてみることに。
セットで猫1匹で1週間使えると書いてある消臭シートも1枚ついてきたので、猫4匹だと何日使えるのか実験。

使用感としては、トイレ掃除がとても楽!!! おしっこは下のシートを敷いた受け皿に落ちるので、消臭サンドに残ったウンチだけ取り除けばいい。固まる砂よりも全然楽。
しかし、猫4匹でトイレ1個だと4日が限度。1週間も放置するとシートの受け皿に吸い取れなかった分が溜まってます。臭い・・・。
もちろんこまめにシート交換すれば、アンモニア臭が発生することもなく、臭いも抑えられている感じだ。我が家のペースだと2日に1回交換すればよさそうな感じ。

ということでシートタイプ最高ー!使い続けるぞ!と決定したわけですが、Amazonさんで値段チェックしてみると、微妙に高い。犬用は安いのにネコ用高い・・・。

 猫用シート10枚693円。1枚69.3円ですな。月1000円ペース

 犬用だと96枚で1269円。1枚13.2円の計算。安い!

ちなみサイズ(外寸)は、猫用が 約430mm × 約290mm、犬用は約440mm × 約330mm
ちょっとだけ犬用が大きいです。別に他社製品でもサイズが近ければOKだと思う。

で、なぜ安いのか。犬用は吸収体が薄い。犬用は本来1回おしっこしたら交換するっぽいのでこれぐらいの薄さでもいいのかも。薄いので純正猫用シートよりもこまめに交換する必要があるなぁ。

犬用のシートですが、今回は純正よりちょっとサイズが大きいため、受け皿からちょっとはみ出てしまいます。トイレに受け皿格納するときに引っかからないように気を付ける必要はありますが、問題なく使えてます。

さすがに、毎日シート交換は忘れそうなのと、まだ固まる砂の在庫が残ってるので、シートタイプトイレと固まる砂タイプトイレを1台ずつ設置して2日に1回シートを交換しつつ、砂の在庫がなくなったらもう1台ペットシーツタイプのを購入する予定。

そして、消臭サンドについて
サンド自体は1か月で交換してください。とのこと。コスト的にちょっとなーって思う人は、臭いが気になってきたら庭のバケツで洗って乾かして再利用してもOK シリカゲル系なので洗っても溶けません。

あと、デオトイレ標準の消臭サンドはイクラ大のシリカゲル風の玉なんですが、部屋に転がる転がる…。丸いからなおさら転がる。で、転がる玉を猫が追いかける! 遊んで口に含んだりするのでちょっとこれは嫌だ。でもちゃんと転がらないような形状のが売っていた

肉球に挟まりにくい新形状で、飛び散りを防止。転がりにくい形状で、お掃除もラクラク。愛猫が慣れやすい形状です。

そうそう、そうだよ肉球に挟まるんだよw よさげなので今の消臭サンドの交換時期が来たら買ってみよう。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大 広告